読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫁さんの寝たあと。

広島県生まれの北海道在住。中年と云われる歳になってみて、男とは、人生とは…みたいな嫁さんは聴いてくれない壮大なスケールの妄想もしがてら、ちょっと気になった事をごく気ままに綴ってみました。

ゴジラ、ゴジラ、ゴジラとメカゴジラ⁉︎

怪獣の王、ゴジラ

 

最近、「シン・ゴジラ」って宣伝してますね。

最新のゴジラで、身長は今までで一番デカイ118メートルらしい。

もう40メートルのウルトラマンじゃ相手できないかな。ウエイトが違いすぎるもん。

 

120メートルのダイターン3ならイケるか?

もう、名前からしてすごくない?大胆だって。笑

 

昭和29年の初代ゴジラが50メートル。

偉大な勇者グレートマジンガーが25メートル。

有名なコンバトラーVは身長57メートル。

そんでもって999に乗るのはメーテル

 

…。

 

 

なんか…ちっちゃい手とか、中が赤く透ける体とか、最新版なんだろうけど…俺の中の怪獣ゴジラのイメージとはちょっと違うんだよな。

 

ゴジラって、小さい頃に見てたんだけど、実は前までそんなにそこまで好きじゃなかった。というより、あんまり興味がなかった。

だって…出てくる度に身長とか設定が変わるし、続編なのか新作なのか、そもそも人間の敵のはずなのに味方もするしで、イマイチよくわかんなかったもんで。

 

でも、ちょっと前の渡辺謙が出てたハリウッド版のゴジラは、なんか無性に映画観たくなって、一人で映画館行って観てきた。笑

 

ワイルドでクールでカッコ良かったな〜。

ハリウッド版なんで、頭小さかったけど、足や手の形に生物としてのリアル感があった。

 

でも、ゴジラの出番少なかったような…

ゴジラの映画なのに。

 

そん時は、結構なハマり具合で…

ハリウッド版のじゃないけど、バンダイのモンスターアーツっていうゴジラのフィギュア買っちゃったもん!笑

 

これがまた、よく出来てて、マッチョな怪獣なのに、頭部とか腕部、脚部、腹部、尻尾に至るまで関節が複数あって、とにかく動く!ポーズがいろいろとれるからカッコイイのなんの!

それでいて、全体のバランス、貫禄も抜群!口から吐く放射熱線のエフェクトパーツまで付いてる!

身体の皮膚の色とか質感とか、顔つきも強そうで最高!

まぁ、感じ方は人それぞれあると思うけど…

ゴジラのフィギュアとしては十分じゃないかな。

俺はこのゴジラが一番カッコイイと思う!

 

造形師っていうの?コレの原型造った人。スゴイね〜!手作業らしいよ!よく造るよ、職人技だねほんと。

 

このフィギュアを見てから、日本版のゴジラも好きになっちゃったからね!おっ、改めて見るとカッコイイなと。

俺的には日本版のゴジラは、肩とかの上半身の筋肉のつき方がマッチョでイカすんだよなぁ!

 

ただ…

 

嫁さんにはこのカッコ良さと価値は理解できない。

 

「へー、ゴジラ〜?これが5000円もするの?高〜い」

と言いながら、無造作に怪獣王ゴジラを持ち上げ、強引に腕や足を動かそうとする。

 

「そんな無茶な角度に曲げたら折れちゃうじゃん⁉︎」

とヒヤヒヤしながら見ていると…

 

「はははは…これ、かわいくない?」

と、怪獣王ゴジラの両足を、赤ちゃんのお座りみたく、直角に前に投げ出すように曲げて座らせた。もちろん、両手は手のひらを上に向けて。

 ワオ❤️ってな感じで…

 

 …

 

その発想はどっから来る⁈

ゴジラがそんな座り方するか?

いや、そもそも座らんだろ⁉︎

だいたい男からすれば、宝石とかあんなちっちゃい石っころに何十万円も出す方が気が知れん!

 

 

…そんなセピアな出来事を思い出しながら、本棚に飾ってあるゴジラのフィギュアを今、眺めている。

 

 もう二度とあんなキューピー人形のような格好をさせられる事もあるまい。

 

生物の頂点に君臨するというゴジラ!!

 

相手を威嚇するようなマッシブなポーズを決めて、今もなお健在である。